留学

現役留学生が教える留学生の”渡航前の寮生活の不安やこうしたらいいよ!”というのを教えちゃいます

留学生活での核とも言える自室。自室選びであなたの留学生活が吉とでるか凶とでるかを決めると言っても過言ではありません。

なぜなら、人間は1日の最低6時間以上は自室で過ごすからです。つまり、1日の1/4の時間を自室で過ごすことになります。この時間が快適か快適じゃないかというのはとても大事です。また、ここでの時間は睡眠時間のみなので、シャワーやら着替えなどを入れたら自室で過ごす時間はもっと多くなります。

こんな人にオススメ!

  • これから留学する方
  • すでに留学している方
  • 留学生の生活に興味がある方
  • 寮生活に不安がある方

寮生活がとても不安なんだけど、どうしたらいいんだろうか

夏から留学なんだよな、9月から留学なんだよな、いま留学しているんだよなというの皆さんは寮生活に対して少し不安があると思います。ただ、漠然と不安があるんだけで実際どんな不安があるのか自分にはわかんなかったりしますよね。留学前の自分は、漠然と不安だなと思っていました。そのため、今回は留学前の悩み、留学中どんなことがあったかというのをお伝えします。

寮の治安は?うーん、悪くはない、ワイマイは食べられることはあるかも。そして、戸締りはしっかりと。

はじめに気になるのが寮の治安ですよね。空き巣とかあるのとか、喧嘩とか大丈夫?スラム街とかじゃない?


寮はこんな感じなんでしょ。と思っていることもありました。が、来てみるとこんなことはなく、学校の教室や廊下と部屋は対して変わりませんでした。(うちの大学のあくまでもイメージ)

もちろん、ワイマイ(出前)の取り間違えなどもありますが、故意ではないので治安が悪いとは言えないかなと思っています。また、空き巣なども出会ったことありません(聞いたことがないだけかも)ので中国だからなどの過激な心配は必要ないと思っています。正直、日本とそんなに変わりません。(中国は)

一応部屋を離れる時は戸締りしっかり!そうすれば、貴重品がなくなるなんてこともないと思います。

※ルームメイトがいる方は貴重品は鍵がかかる机やスーツケースの中にsimったほうが安全かも。パスポートとかなくなったら大変だからね。

住み心地は?正直来たときは少年院だと。。。人間の環境適応能力には驚き

次に気になるのが、すみごことはどうなんだ!!と思う方いらっしゃいますよね。この点については大学と運次第ですとしか言えないので、北京大学医学部の寮を自分、友達などが感じた住み心地を簡単に書きます。

自分が来る前に想像していた、皆さんが思うようなキラキラした寮ではなかったです。

海外で寮生活!といったらインスタなどでみるような芝生があったりだの、みんなで話す場所があったりだの、かなり快適なのかと思いきや。そんなことはなかったです。ベットと机しかなかったので、はじめ来た時は刑務所かと思いました。

僕はここで6年間を過ごすのかという気持ちになり帰りたくなりました。ですが、人間の環境適応能力は素晴らしく、2週間、3週間と時が進むにつれて慣れて行くのです。また、何も気にしなくなりました。そのため、この部屋で生活は辛いなとか思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、大丈夫です。

多くの方は時が解決してくれています。

住めば都という言葉があるように日本よりも住みやすくなります。

衛生は?ゴキブリとかいるんでしょう?

衛生面はどうなのよという方も多くないと思います。中国だからゴキブリとか、ネズミとか多いんでしょう。などという心配があると思います。


ですが、自分が寮にきてからゴキブリやネズミに会うことはほとんどないです。外や廊下などではゴキブリを数回程度見たことありますが、自室では1回も見たことありません。そのため、日本で言われているほど衛生面はひどくないと思っています。(寮は綺麗ですが、お店は場所にもよるので一概には言えません)

友達を呼べないなどのルールは多い?

海外の寮だから毎日パーティーなんだろとか、インスタのようにキラキラな女の子などがあるんだろうというイメージがあると思います。


自分毎週、いや、毎晩このような生活が待っているのかと思いきや、そんなことはなく毎日勉強のみという環境でした。

1階には寮母さんと警備員がいるだけ、しかも顔を見せて入るわけではないので、寮外の人(弟)を連れて入ってもバレないだろうと思っていたのですが、すぐにバレたのでセキュリティはかなりしっかりしている気がしました。ちなみに、記録に残せば問題なく部屋に人はいれられます。(自分の寮は)

共同スペースは綺麗?(可もなく不可も無く)

正直、綺麗とはいえませんが耐えられるレベルです。ちなみに使い方が汚ければみんなに注意されるので使えるレベルだとは思っていい気がします。また、キッチンなどもありますが皆自炊しないのでそこまで汚くない印象です(中国は出前や食堂があるので気にならない)

同居人を選べない?(日本人がいいなぁ)

留学前に2人部屋とわかっていればいいのですが、1部屋と言われて渡航したら2人部屋、三人部屋という時もたまにあります。部屋が無いから仕方ないでしょと言われたら仕方ないんです。もちろんショックは隠しきれません。自分は1部屋と言えれて渡航したのですが、2人部屋に変更されていて、これが海外なのかと体験した出来事でした。(正直1人の空間を見つけるまでは1週間くらいホームシックでした。)

そして、同居人は選べません。

基本的に同じ時期に渡航した人と一緒になるか、国籍が同じ、近い人と住むことが多いと思います。もうここは運ですが、どうしても合わなければ変更してもらいましょう。

個人でなく共同スペースが多い(そんなことない)

寮といえば大部屋!というイメージをお持ちの方が多いと思います。

そして、部屋にはスペースがないんだろうと寮の1回などの共同スペースを利用して勉強とかするんでしょうと想像する方が多いと思います。が、中国(語言大学、北京大学などの寮は)はそんなことはなく、二人部屋が多いのでロビーなどスペースがあまりなく、部屋で勉強や友達と集まったりします。

そのため、2人部屋だと勉強できないとか思う方もいると思います。

自分はこのタイプなので、教室に行き勉強しています。ただ、冬とかは外が寒くて出たくないので仕方なく部屋でやっています。(カフェなんか行ってたら冗談抜きに移動中の寒さで吐き気がします。教室は寒すぎるのでダウンコート着てやるしかありません)

門限はある?(ないけど、夜遅いと名前は書かされる)

あります。が、どの寮でも夜遅くても名前さえ書けば入れてくれるのでほぼ門限ないのと変わりません。

男女は別々なの?男女関係には厳しい?

正直男女で建物が別れるのは日本だけなのかなと感じることが多いです。どこの寮も男女混合で、たまに同棲している方々もいます。なので、男女の関係もありますし何も問題にはなりません。まあ、大学生にまでなって私生活を制限されたらストレスですよね。

※建物が別なのは日本だけと書きましたが、中国人学生の方もそうでした。

快適に過ごすには

今まで色々と自分が留学前にあった不安などを書いてきました。ここからは不安などを解決したところで留学をより快適に過ごすにはどうしたらいいかということを書いていきます。

病みたくないよね

1人の空間を大事に

寮生活に限らず、留学は皆さんが想像している以上にストレスが溜まります。そのため、部屋ではできるだけストレスを解消できるように、1人の空間を大事にしましょう。(1人の方がストレスたまらないという方は)が、ルームメイトがいるとなかなか遠慮して話せないんだよねとか夜遅くにシャワー浴びれない、早く寝れないなどの悩みがあると思います。

そんな時はイヤホンとかアイマスク、耳栓とかあると快適かもしれません。自分は眠いけどもルームメイトがまだ寝ない、そんな時にアイマスクで光を遮断すると予想以上に快適なんです。また、自分が先に寝ることがそうそうないので先に寝たい時は蒸気でホットアイマスクを使用して、疲れと癒しを求めています。(笑)

そのほかにも、友達の中にはルームメイトがうるさいなどの理由で耳栓やイヤホンをして寝ている人がいます。

ちなみに自分のおすすめの耳栓はこちら

自分が使用しているイヤホンはこちら

寝るときには使えないですが、勉強や集中したいときには音が邪魔と思う方にぜひぜひオススメの1品です。シュアのイヤピースが耳にフィットして音楽を流せばほぼ周りの音は遮断可能。内職、部屋で作業などをするときはこれを使って集中しています。

遠慮しない(相手の部屋であると同時にそこは自分の部屋)

自分が考える寮生活の核がこの遠慮しないというポイントです。2人部屋で遠慮しがちなのですが、嫌なことは嫌、好きなことは好きということを言っていきましょう。僕のルームメイトは日本人で住んでいた環境が他の国籍の人と比べれば比較的近くて、言語も問題なく通じるので、恵まれてはいるのですがそれでもストレスや不満などはあります。そのため、自分は不満だと感じるときは不満と言います。また、相手も伝えてくるので、どちらもストレスなく生活ができているなと感じます。

ルールを作る

2人がどうしても仲良くなれない、喧嘩してしまう、部屋も変えてもらえないとなると辛いので、ルールを作ることをお勧めします。些細なことが気になると思うので、夜何時以降は電気消すとか、音楽聞く時はイヤホンなどのルールを決めると最低限の安定は作れるかなと感じます。

これらの悩みや不安、快適になるための方法をやるとどうなる?

最低限のストレスで生活ができ、体調も安定し、勉強ややりたいこと、趣味に没頭できるようになります。留学生活は普段の生活でなかなか体験ができないことが多いので精一杯体験できるよう、ストレスを最低限にし、やりたいことに全力で取り組みましょう。

この記事がこれから留学する方の参考に少しでもなればなと思います。

twitter:@tomiyamau5

最後までありがとうございました!!

ABOUT ME
tomiyama.u5
tomiyama.u5
北京の大学に在学している医療系大学生が日々効率を追求して生きているのでその内容や、思ったことなどを色々発信していきます。