生活

中国で引きこもりたい方必見!! 『中国人学生、留学生の見方外卖(ワイマイ出前)』

中国に来たけど学校、職場の近くや住んでいるところに食べたいものがない。

休日は家で引きこもりたい、外に出たくないよ。。。

そんな方にオススメなのが中国の出前(ワイマイ)!

今回は中国の出前事情をご紹介します。

今回の記事はこんな人にオススメ!!

  • 中国に来る人
  • 来てる人
  • 中国の出前を知りたい人

ワイマイの種類

出前は(ワイマイ、外卖)は基本的にスマホアプリから頼みます。

有名なのが饿了么美团外卖の2つ!

ちなみに、自分が使用しているものは饿了么です。周りの友達でもこれを使用している人が多いのでこれが一般的?だと思います。

リンクはこちら↓

饿了么

美团外卖

ワイマイの使い方は?今回は饿了么を使用。

アプリを開く

食べたいものからお店を探す

この時に食べたいものをそのまま入力すれば色々お店が出てきます。

自分はタピオカミルクティーを飲みたいので珍珠奶茶(zhēn zhū nǎi chá)と検索!

用語解説

配送 ¥〇〇 :というのは配送料にいくらかかりますよというもの。免费と書いてあれば送料は無料です。

好评价 〇〇% :これは好評率を示す値です。

满〇〇减▷▷ :これは〇〇元を超えたら▷▷元割引するよということを示しています。

开始配送 :これは何時から配送するよよいうものを示しています。

红包 :クーポンのこと

お店を選択

本当はcocoや贡茶(ゴンチャ)がよかったのですが、合計金額が足りずに届けてくれないので少し良さ気な鹿野茶事というお店を選択!

頼みたい商品を選択

今回は黒糖タピオカミルクティープラス紫芋みたいなやつを選択、個人的に変わっているものが好きなんです。

そして決済へ(去结账)

ここで届けたい場所を選択します。この時は教室にいたので教室に届けてもらうことに。

教室まで届けてもらえるんですよ!!凄くないですか!ホテルや寮も配送員さんが入ることが可能であればお部屋まで持ってきてくれます。

支付方式を押すとで何を使って決済するかというのを決められます。なにも選択しなければアリペイ(支付宝)で決済されることでしょう。

中国で主流なのがwechat(微信)、アリペイ(支付宝)です。

(電子マネーは違う記事で使い方を書きます。)

自分はアリペイ(支付宝)を選択し、支払いへ!(确认支付)

ちなみにこの中央より少し下にある红包というのがクーポンです。

一个可用と書いてあるので、1つ使用できるクーポンがあるという意味です。なので、今回は使用しました。

最後に确认支付(支払い確定)を押し、選択した支払い方法で払ってください。(先ほど選択した支払いアプリの画面に飛びます。)

待つのみ

あとは教室で勉強しながらひたすら待つのみです。届く目安の時間が記載されているのであと少し頑張ろうと思えるのも良いですよね!

ちなみに、この画面で配送してくれる方がどこにいるかというのもわかります。

徐々に近づいてくるのが夏休みが近づいている少年のようでワクワクします(笑)

届く!!

しばらくすると「着いたよ~」と電話がかかってくるので、取りに行きましょう。大体の方が少し早めに電話をかけてくれるので急がなくても大丈夫です。

受け取り完了

平均予算

ご飯なら大体30元はしないくらいです。

タピオカなら15~25くらい。

中国の物は一人だとどうしても割高になってしまいます。なので、安く抑えたいという方は三人くらいで頼むのがオススメ。

三人以上とかになると满〇〇减▷▷の割引率が下がるので2~3人というのがミソ。

配達方法

大体のワイマイの配送員さんは電動バイクでの移動です。なので、学校の前は常に電動バイクだらけ。

配達員さんの給料

調べてみると多くが8000~12000元(約13万6000円~約20万4000円)と書いてありました。

1日の平均配送回数が20件、熟練の方で30件を超える数だそうです。

快递と呼ばれる宅配便の方々より収入はいいのですが、ストレスが凄いらしいです。先ほど書いてあった予定時間をすぎたり、評価を低くつけられるとペナルティーがあり給料ダウンなどがあります。

そのためお客様は神というような言葉通り、自分ら学生などにもとても丁寧に察していかなければならないのです。

なので、むやみやたら評価は低くしないであげてください。。。

注意点(観光の方は使えないかも、理由は電話番号や銀行カードが必要だから)

先ほどの支払い方法がwechat(微信)、アリペイ(支付宝)主だったように、この支払方法を使うには銀行カード、電話番号の登録が必要です。また、銀行カード、電話番号の登録にはビザが必要なので旅行者には厳しいかなと思われます。

日本との出前の違いは?

毎日使える、安い、早いという3点です。

日本の出前はピザか蕎麦というイメージありますよね!ですが、中国ではなんでも出前ができます。正直、できないものを探すのが難しいほどです。

薬、飲み物、食べ物、生活雑貨全て出前で買うことができます。

ただ、便利すぎるので中国はどんどん引きこもり増えているというのが現状です。

また、僕ら留学生、中国人学生、社会人も毎日のように利用していますが、そこまで値が張らないので使ってしまうんですね。

終わりに

さあ、今回は中国の出前(ワイマイ)事情について書いて見ました。ワイマイのおかげで学校からほとんどでないよという方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分も週に一度くらいしか学校外へは出ません。

太っちゃったんだよな、体動かさないとなという方はぜひジムでもグランドでも行ってみてください!

この記事が読者の方の参考になればとても嬉しく思います。

twitter:@tomiyamau5

最後までありがとうございました!!

ABOUT ME
tomiyama.u5
tomiyama.u5
北京の大学に在学している医療系大学生が日々効率を追求して生きているのでその内容や、思ったことなどを色々発信していきます。