持ち物

北京2年目が語る『持ってきて後悔した物、持ってきて良かったもの』

ゆうご
ゆうご

こんにちは!
中国の留学生ブロガーゆうごです!自己紹介を見ていない方はこちらもチェック!

今回の記事は中国へ渡航してもうすぐ2年の僕が、これは要らなかったなとか、これは持ってきて正解!などをお伝えしようと思っています。

勉強編

持ってきて良かった!と思ったもの

ボールペン

中国のボールペンは!というよりは海外のボールペンは書き出しがスムーズでないものが多いです。また、ボールペンの芯が太いものが多いという印象が強いです。

中国ではテスト、レポートは基本的にボールペンで書かなければいけません。(そうでないと採点してもらえません。)そのため、ボールペンが必須なのです。

こんな理由から、テスト勉強は基本的にボールペンなのです。自習の時からボールペンの方もいます。自分はシャーペンがあまり好きではないのでボールペン、またはタブレットで勉強します。

テスト勉強はかなりの時間がかかります。また、プレッシャーによるストレスもすごいです。そのストレスを道具で少しでも軽減できるなら!ということでお気に入りのボールペンをたくさん持って行くことをオススメしています。

中国でも日本製のボールペンを買うことは可能ですが、お気に入りのペンが無かった時のことを考えると持って行った方が無難かなと感じます。(自分は渡航時にメインの色を3箱(約30本)ほど持っていきました。ちなみに未だに6割くらいしか使い切っていません。)

お気に入りのペン↓

※追記 2020年1月7日

最近、中国のボールペンで非常に使いやすいものを見つけました!!!

自分は勉強道具などには絶対妥協したくないという理由と、ペンは1本しか持ちたくないという謎のプライドがあり、良いもの、安心して使えるものを選んでサラサと万年筆を使っていたんですが、このペンに出会ってからはほぼこのペンばかりを使っています。テストもこれで受けました。

パソコン、タブレット

人それぞれ勉強スタイルは違うと思いますが、自分はタブレットで勉強するのでタブレットは持って来て良かった!と思っています。

また、中国の授業ではパワポを使ってプレゼンやワードを使ってレポート提出などがよくあります。そのため、パソコンは必須!と言っても過言ではないのかもしれません。(うちのキャンパスには共用pcがないので共用pc使えばいいや!と思っている方は注意が必要です。)

HSKの参考書

日本語がついているものは中国では手に入りにくいので受験する予定があれば必須だなと感じました。

自分は受けていませんが、周りの友達が中国のHSKの参考書は解説も中国語だから読めないよなどと言っていたので受ける方は持ってきた方がいいかなと思います!

ノート

中国というよりは外国のノートは質が少し、いや、だいぶ悪い印象があります。(海外では油性のボールペン、万年筆が主流なので紙質が悪くても関係なく書けるという話を聞いたことがあります。)

大学のレポート用紙など色々ありますが、日本と比べるとだいぶペラペラなので細いペン(0.3、0.5など)を使いたいという方は少し引っかかるかも。

その点日本のノートは優秀で引っかかりなど何一つないですよね。ルーズリーフを買おうとネットで探すとそこまで高くないのですが、デパート、スーパーなどでは日本の5倍くらいするので初めの1~2週間分くらいは持って行くことをオススメします!

逆にこれはいらなかったなと思うもの

日本語の参考書

大学入学してからは専門に進みますよね。自分なら医学部なので医学の道に。1年生は共用だったので化学、物理、生物をやっていました。

その時、日本語の参考書があれば楽と思って持っていったのですが中国語で授業を受けているので専門用語は全て中国語でしか聞いたことがないのです。そんな時に日本語の教科書や参考書を読んでも正直全くわかりません。

母国語なんですが、単語がしっかりと理解できていないので全く使い物になりませんでした。もちろん同時に勉強するという方などであれば持っていた方がいいとは思いますが、軽く調べるくらいであればGoogle先生や百度に聞けば良いなと感じました。

生活編

持ってきて良かったもの

simフリーのスマホとVPN

日本のスマホは未だにほとんどSIMロックがかかっています。(シムフリーなどと書いているものも増えていますが未だにアイホンはSIMロックがかかっている。)そのため、今使っているスマホをそのまま中国に持ってきても使えません。購入したキャリア(au、SoftBank、docomoなど)にこのスマホはSIMロック解除したいんだけど・・・などといえばSIMロック解除していただけます。

また、VPNというものを入れないと中国ではGoogleやyoutube、インスタ、twitterなど見れないので見たいという方は是非入れてくることをオススメしています。

https://twitter.com/tomiyamau5pku/status/1165641052159561728?s=20

クレジットカード、デビットカード(海外キャッシング可能なものを2枚ほど)

留学生の多くが半年~1年間渡航されますよね。

その時の生活費や寮費を渡航時に現金で持っていくという方はかなり少数だと思います。

そんな時に便利なのがATMで現金を引き出せるデビットカード、クレジットカードなのです!自分は親に日本の口座に仕送りをもらい使う時に中国現地で引き出しています。

日本円

日本円の価値は比較的高い!と感じます。元ほど変動もないので円を持っていればまあ、安心ということで自分は初めの渡航時に20万円ほど現金で持ってきました。20万ほどあれば仮にクレカやデビットカードを紛失しても海外送金でお金を送ってもらうまでは何一つ不自由なく生活ができます。

また、急に必要になる飛行機代なども支払うことが可能です。そのため、少しでもいいので日本円はあると便利だなと感じます。

歯ブラシ、歯磨き粉

とても個人的な意見ですが、中国の歯磨き粉は味が・・・という場合が多いので自分は日本から持ってきています。

また、歯ブラシも大きいものが多いので使いにくいという場合が多いので日本から持ってきています。

ワックス

中国に髪をセットする文化はあるのか!?と思うほどワックスなどが見つかりません。仮に見つかってもジェルやとても硬いワックスが多いです。

そのため、自分の使いやすいものが既に見つかっているということであれば持ってきた方が良いかなと感じました。

(中国の美容室でセットしてもらった時はスプレーでセットしていたのでそもそもペースト状のワックスは使わないのかも?)

防寒具(北京などの北の方)

北京の冬はとても寒いです。気温でいうとマイナス20度ほど。濡らしたタオルを振り回せば凍りますし、教室内でもダウンコートを着ないと勉強ができないくらい寒いです。

外では10分くらい立ち止まっていると吐き気があったり、発狂したくなるくらいの寒さです。

防寒着は本当にあると生活が楽になります。

証明写真

背景白で1寸、2寸サイズを10枚くらい。渡航してすぐは色々と写真が必要になります。そのため、写真は必須です!ここで注意していただきたいことが、背景が白ということ。中国のビザなどもそうですが背景白指定という場合が多いです。日本では背景青が多いのでお気をつけください!

パスポート、海外保険、ビザなどは書かなくても大丈夫ですよね!

正露丸と整腸剤

はじめは移動の疲れや食に慣れないということで下痢になることが多いです。

中国のトイレは日本ほど衛生的ではないということやトイレットペーパーが置いてないことが多いので下痢は最小限にしたいですよね。

ムヒ、虫除け

中国は蚊がとても多いです。教室や寮にも至る所にいます。そのため、ムヒや虫除けなどがあるととても便利だと感じます。(6月末の期末勉強とか虫除けして勉強していたくらい蚊が多いです。)

オススメの虫除けがこれ。釣りで色々な虫除けを使っていましたが、これが一番蚊が寄ってこなくていいなと感じています。

ムヒの虫除け

逆に持っていかなくて良いもの

マスク

空気が汚い空気が汚いと言われていたので自分はマスクを4箱くらい持っていきました。確かに空気が汚い日もあるのでマスクは必須なのですが、中国でもpm2.5用のマスクは買うことができます。

もちろん性能もあまり変わらないと思われます(会社は同じ)。また、マスクはかなりかさばるので持ってくるとしても1箱2箱くらいが良かったなと思っています。

ちなみに、このカモノハシみたいなものは中国で見かけないのでこのタイプが良いという方は日本から持ってくることをオススメします!

中国でよく見るのはこのタイプ

春服、秋服(北京)

北京の春、秋は一瞬で終わります。時間でいうと2週間あるかないかくらいです。そのため、春服、秋服は必要最小限でいいと感じました。

また、寮に荷物置くスペースは少ないので持っていかなくて良いと感じています。

乾電池

電子辞書に使う乾電池ですが、友達曰く中国で購入したほうが安いとのことで持っていかなくても良いかなと感じました。

また、中国に渡航してからは電子辞書よりもスマホを使うことが多くなると思うのでそこまで重要ではないなと思っています。

ドライヤー、ヘアアイロン

電圧が合わないことがほとんどという理由と現地でもかなり手頃な値段で買えるという理由で持って行く必要はないと感じました。

自分ははじめ海外対応のものを買おうか悩んでいたのですが、中国で買えば海外対応と書いて売られているものよりも良いものが買えますし、ハズレも少ないので必要ないだろうと。

洗剤

自分はなんでなんでしょうね。渡航時に洗剤を持ってきたんですね。絶対必要ありません。

中国でも少し高いですが日本製は買えます。また、中国のもので十分です。

未だに持ってきた理由が謎です。。。笑

最後に

今回は中国渡航に必要なもの、不要なものを書いてみました。もう渡航している方も多いかなと思ったんですが、意外と9月渡航が多いと知ったので今回はこんなことを!

留学生の皆様、準備、渡航してすぐは大変かもしれませんが楽しいことも沢山あります!

ぜひ良い中国渡航にしてくださいね!

この記事が少しでも役に立った!また、面白いと思っていただけたら幸いです。

いいね、リツイートなどしていただけたら飛び跳ねて喜びます。笑

ツィッターもやっているのでぜひフォローお願いします!

twitter:@tomiyamau5

この記事がよければ拡散とかいいねしてくれるとやる気が上がります。笑

最後までありがとうございました!

余談ですが、こんなのもやる予定なのでご都合の合う方参加お待ちしています。

https://twitter.com/tomiyamau5pku/status/1166342607888363522?s=20
ABOUT ME
tomiyama.u5
tomiyama.u5
北京の大学に在学している医療系大学生が日々効率を追求して生きているのでその内容や、思ったことなどを色々発信していきます。