日常

現地の中国人友達が欲しい!そんな人のためのオススメの出会い方や友達の作り方を教えます!

ゆうご
ゆうご

こんにちは!
中国の留学生ブロガーゆうごです!

もう中国に渡航されていると思います。また、皆さん授業始まって徐々に慣れてきたころ、友達の作り方を知りたいと思っていたので今回は中国人の友達の作り方を紹介しようと思います。

中国での友達の作り方(出会い)大きく分けて3つ!

まずは出会わないと始まらないよね!ということでここでは出会う方法、知り合う方法を簡単に紹介します。

その後個別に使い方や特徴を詳しくお伝えします。

出会い系アプリを使う方法

出会い系アプリという名前の通り出会いを目的としたアプリです。

中国で有名な出会い系アプリは探探(Tan Tan)、 Tinder、Summerなど。下で個別に使い方、特徴を紹介します。

言語交流

誰でもいい、とりあえずランゲージパートナーが欲しい!そんなあなたにオススメなのが言語交流会や日本語サークル、言語交換アプリです。

学校内で出会う方法

学校内の友達が欲しいという方も多いと思います。そんな方にオススメなのがサークルや学校の食堂などで話しかける方法。

それでは使い方、特徴を個別で紹介!

出会い系、アプリ

探探(Tan Tan)

中国版Tinderと呼ばれるアプリです。

使い方:Tinderと同じで異性の写真が出てきて好みなら右にスライド、あまり好みでなければ左にスライド。相手も気に入り、自分も気に入ればマッチングというシステムです。自分は話したかっただけなのでとにかく右にスライドしてました(笑)

どんな人が使っている?:いろんな人がいる!日本のApp Storeにもあったのでどこの国でもダウンロード可能なのかなと思っています。そのため、中国人はもちろん日本人や他の国の方もいます。たまに写真のモデル探しなどをしている人がいます。

特徴:中国版Tinderと呼ばれるだけあって中国人がとても多いということです。そのため、マッチングすればするだけ生の中国語に触れ合うことができます。

また、学生以外の方もいるので学生以外にも、仕事をしている人などにも出会うことができるので色々な価値観を知ることができるかも!?と感じています。

自分はあまり出会えなかったのですが、他の日本人などに聞くと出会えたよ!と言っているので実力が明確に出るのも面白いと思っています。

友達何人かで誰が早く会えるでしょうというゲームにしちゃえば使うのも恥ずかしくないかも!?

Tinder

マッチングアプリと言えばTinder!というくらい海外、日本で有名なアプリです。探探(Tan Tan)との違いはVPNが必須ということ。

使い方:先ほど紹介した探探(Tan Tan)と同じ。

どんな人が使っている?:VPNが必須ということで英語ができる中国人や外国人留学生がかなり多い印象です。

特徴:出会うのはこっちの方が探探(Tan Tan)より簡単だと感じました。理由は外国人に会いたい!と思っている人が多い?からかなと思っています。

Summer

ん?なんだそれ?と思った方いるんじゃないでしょうか!というか、知らない人がほとんどだと思っています。

自分は中国人の友達に教えてもらいました。大学校内恋愛アプリというものなんです。日本では見たことがないですよね!中国では大学に入るまで基本的に恋愛禁止なので恋愛経験の少ない方のために用意されているのかなと思ったり。

使い方:近くにいる人、同じ大学にいる人の一覧が出てくるのでプロフィール見て気になったらその人が出す質問に答えるという形式。で、回答が気に入られたら無事マッチング成功みたいな感じ。(ちょっとめんどくさいかも??)

使っている人:主に中国人大学生、たまーに僕みたいな留学生も。

特徴:日本人学生がとても少ないので言っちゃえば留学生!ってだけで珍しがられるのでとても良いのですが、恋愛アプリかつ、中国の方の特徴?なのかわからないですが、皆さん結婚を意識している人が多い印象です。そのため、交換留学生とかはなかなか難しいかも?ただ、友達になりたい!とかであれば慣れると思うのでぜひ一度お試しください。

ただ、アイホンだと中国のApp Storeでしかダウンロードができないので日本のアカウントでiCloudストレージ買ってるよ!とかいう方はお気をつけてください。

言語交流

留学の目的って言語を学ぶことがほとんどだよね!ということで言語交流の出会い方についての方法を一つ一つ紹介します。

交流会に参加する!!!

まずは定番な交流会に参加するという方法。現地の日本語を勉強している学生さんのランゲージパートナーになりませんか?という趣旨で開催されているものがあります。(少なくともぼくがいる北京では)自分も何回か参加したことがあるのですが、人が多いので面白い出会いが色々あります。

参加者:現地の友達が欲しい日本人留学生、日本語学科の学生

特徴:交流会は開催者によって雰囲気が全然違います。そのため、一概にこんな感じだよ!とは言えませんが、日本語学科の学生がいる会に言えることは皆が真面目ということです。皆が勉強を目的にしていると感じる真面目さです。逆に、社会人が主な場合はかなりラフでとてもリラックスができたという印象なので自分の目的にあったものを!と思っています。

言語交換会アプリ

SNSでランゲージパートナーを探そう!というものがあり、自分は暇なときにいろいろな人とお話しをしていました。電話とかチャットとか!コツとしては日本語教えるよっていうのがとてもいいと感じました。

また、このアプリで出会った方と現実に会うこともできました。本来の目的言語を学ぶ!というものではなく、友達作りにとてもいいんじゃないかなと思っています。

学校の中日友好サークルに行く!

自分が渡航したての時は右も左もわからなかったのでとりあえず知り合えそうなものがあれば参加しよう!という感じで日本語サークルにも顔を出していました。

皆さんとても優しく、色々とコミュニケーションをとってくれました。はじめは勢いに圧倒されますが、そこは耐えの姿勢で笑

学校内で知り合おう!

留学したからと言って友達ができるとは限りません。また、同じ教室で授業を受けるとも限りません。ちなみに自分は現地の学生と同じ授業を受けることもありますが友達作るのってこんなに難しかったっけと日々感じさせられています。そんな時にいい方法は!

サークルに入る

外国語でも好きなことなら何となく言ってることがわかる時があります。何というんでしょうか、雰囲気でわかる?みたいな!あとはジェスチャーなどもあるのでそれなりに意思疎通ができます。とても大事なことは好きなことをともに追いかけるということ。

例えば、自分が好きな写真などは言葉が聞き取れなくても文脈でわかることが多いです。また、作品を作るということであれば言葉など関係ないのでそこは技術というか、熱意でカバーするみたいな。

そうすれば友達ができる!と思っています。

校内でいろいろな学生に声をかける

自分はしたことないですが、女子の友達が食堂でランゲージパートナーになってくれませんか?といろいろな人に話しかけていました。

この料理なんて名前?とか聞いていたんだとか!?

そして、その子は何人も友達を作って留学生活をエンジョイしていました。なので、比較的気持ちに余裕がある方は是非やって見てもいいかもしれません!

最後に

中国に留学へ行ったから中国語が話せるようになるというわけではありません。

話さなければ外国語は上手くなりません!(結構自分に刺さっています)そのため、話す努力をする方法を紹介しました。

この記事が少しでも役に立った!また、面白いと思っていただけたら幸いです。

いいね、リツイートなどしていただけたら飛び跳ねて喜びます。笑

また、質問や中国留学についての不安、相談やリクエストなどがあればDMなど送っていただけたら返信させていただきます。

ツィッターもやっているのでぜひフォローお願いします!

twitter:@tomiyamau5

この記事がよければ拡散とかいいねしてくれるとやる気が上がります。笑

最後までありがとうございました!

ABOUT ME
tomiyama.u5
tomiyama.u5
北京の大学に在学している医療系大学生が日々効率を追求して生きているのでその内容や、思ったことなどを色々発信していきます。